みなさまに心の安らぎをご提供できる「かかりつけ動物病院」を目指しています。茨木市のハリマウ動物病院

RSS

血圧測定の様子

カテゴリ : その他


猫ちゃんの血圧測定の様子です。

チューブの先端に付属している「カフ」と呼ばれる部分を腕やしっぽに巻き付け測定します。動画の猫ちゃんは右腕に巻かれています。




ところで皆さん白衣高血圧症という言葉を聞かれたことがあるのではないでしょうか。

自宅などリラックスしている場所では血圧が正常なのにも関わらず病院では緊張から血圧があがってしまい高血圧症と診断されてしまう現象です。女性の方に多いようです。

この現象は当然猫ちゃんやワンちゃんにも見られ、緊張による影響が人間以上に測定結果に出ているものと考えられます。

また動物では測定時にじっとしていてくれないという問題もあります。

そこで各病院血圧の測定には色々な工夫をされているようです。

待ち時間が長いと緊張が増しますので時間を決めて来院していただき来院後は速やかに測定をする、血圧測定に慣れたスタッフが必ず測定する、測定専用の静かな部屋を決めておくなどです。

当院ではレントゲン検査室を暗くして私が測定しています。動画が薄暗いのはそのためです。

あるセミナーで「猫ちゃんでは院内での測定時には15~20くらい血圧が上昇してしまっているのではないか」と講師の先生がおしゃっていました。

動画の猫ちゃんは上が180下が111と少し正確性が疑われる結果でています。ただ数度試しましたが
似たような結果でしたので、正確な数字は分からないが高血圧の可能性を考慮し継続してモニターしていく必要があるとの判断ができました。

※資料にもよりますが一般に上は140くらいまでを正常血圧と考えます。

血圧測定はどういった時にされるのでしょうか、猫ちゃんでは腎不全や甲状腺機能亢進症、眼内出血を認めた時などです。

逆に先に高血圧症が見つかった時には上記の病気に高アルドステロン血症と言う病気も加え鑑別診断を進めていきます。




2022-05-04 09:00:00

十二指腸・回腸リンパ腫のおくすり

カテゴリ : 腫瘍


当院では7歳以上の猫ちゃんやワンちゃんには年1~2回の健康診断を、当然万能の検査ではないのですがその入り口の検査としてまずは血液検査をお勧めしています。

昨年末健康診断の血液検査の結果を聞きに来られた12歳の猫ちゃんのオーナー様から「昨日から急に嘔吐し始めた、食欲はあります。」との相談を受けました。

この猫ちゃん血液検査では何も異常がありませんでした。急な嘔吐ですと肝臓やすい臓といったところを血液検査では注目しますが問題ありませんでした。

オーナー様との話し合いでまずは毛玉症や胃炎のお薬、療法食で様子を見ることとしました。

それで症状は一度おさまったのですがしばらくして再発してしまいました。

このように「シニア世代の猫ちゃん・ワンちゃんが食欲はあり比較的元気なのに嘔吐が続いている、血液検査では問題ない」と言った場合は要注意なことがあります。

それは血液検査では調べることができない胃や腸に何か大きな問題、具体的には腫瘍性の疾患がが隠れていることがあるのです。

そのような時はエコー検査や内視鏡による病理検査、CT検査などを組み合わせ診断を進めていきます。

当院ではエコー検査までは可能なのですがその他の設備がありませんので、今回の猫ちゃんには2次病院を受診していただきました。

内視鏡による病理検査の結果以下の診断が得られました。



十二指腸と回腸に小型のリンパ球の浸潤が認められ小細胞性リンパ腫の可能性が高いとの診断でした。

「リンパ腫の可能性が高い」と表現され「リンパ種です」と断言されていないのは何故でしょうか?

それはリンパ球は炎症反応でもその部位に浸潤してきますので、さらに炎症性の反応か腫瘍性の反応かを鑑別しなければならないからです。

鑑別の為、リンパ球クロナリティー検査と呼ばれる検査を行います。

「クロナリティーあり」との結果は「腫瘍性の反応ですよ」と言うことになります。





以上から「十二指腸・回腸の小細胞性リンパ腫」との診断にたどり着きます。

今回「小細胞性」との診断でしたので上記画像のお薬とステロイドを服用していけばで予後は良いものと思われます。

ちなみに「大細胞性」の場合は複数の抗がん剤の注射や内服薬を組み合わせた治療が必要になります。
2022-04-27 09:00:00

保護猫 

カテゴリ : 保護猫応援活動

去年から始めました保護猫応援活動ですが、先日本年度の1匹目の子猫がやってきました。

ダンボール箱に5匹でいたそうでそのうちの1匹を引き取られたそうです。

生後3日目というところでしょうか、へその緒がまだついていました。

連れてこられた方は活動をご存じなかったようですが、哺乳瓶とまだ少し先になりますが必要となってくる離乳食を提供させていただきました。




ミルクは既に購入されていました。



応援活動の詳細は当院ホームページの「保護猫応援活動」のバナーをクリックしてみてください。

「子猫を保護したら」も参考になさってください。


2022-04-20 09:00:00

猫神社

カテゴリ : その他


休日にスーパーカブで外環状線を起点から終点まで走破してきました。

その途中高槻市にある猫神社に寄ってきました。上宮天満宮の本殿と言うのでしょうか、その建物の裏側にあります。

皆様の猫ちゃんはもちろんワンちゃん、その他の伴侶動物たちの健康を祈ってきました。

境内には桜が咲き誇りとても綺麗でした。

ちなみに大阪外環状線の始点と終点はどこかご存じですか?

始点は池田市のダイハツ工業本社近くの新開橋交差点で

                               



終点は泉佐野市の上瓦屋交差点でここから少し進むと関空になります。カブでの走破には4時間を要しました。
2022-04-13 09:00:00

高齢猫の夜鳴き 追加情報

カテゴリ : 問題行動
2日前のブログで紹介しました夜鳴きの猫ちゃんですが、本日4月8日に電話で連絡がありました。

メロトニンの投与で睡眠をとるようになり夜鳴きも減ったとのことで投与の効果がある程度得られたのかなと考えていたのですが1週間を過ぎしばらくするとまた前と同じ状態になってしまったとのことでした。

オーナー様には投与量を増やし様子を見ていただくこととしました。



2022-04-08 15:46:13

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ

猫のフィラリア症ムービー(リンク先に動画があります)
https://www.nekomamo.com/parasite/filaria/movie/

  1. 動物園勤務から病院へ
  2. プロフィール
  1. 週齢はどれくらい?
  2. まず行うこと
  1. ワクチン接種
  2. 寄生虫予防
  3. 避妊去勢
  4. デンタルケア
  5. 体重管理・食事管理
  6. 定期健診

詳しくはこちら
診療時間
▼月・火・木・金
早朝 6:00~8:30
午前 9:30~12:30
午後 16:30~19:30
▼土曜日
9:30~12:30
▼日曜日・祝日
午前 9:30~12:30
午後 16:30~19:30
休診日
水曜日
予約診療
昼12:30~夕16:30で要予約
※まずはお電話下さい
診療時間
▼月・火・木・金
早朝 6:00~8:30
午前 9:30~12:30
  予約診療※のみ
12:30~16:30
午後 16:30~19:30
※当日の午前中までのお電話にて予約可能
▼水曜日
予約診療※のみ
8:00~10:00
※前日までのお電話にて予約可能
▼土曜日
9:30~12:30
▼日曜日・祝日
午前 9:30~12:30
午後 16:30~19:30
予約診療
要予約。
まずはお電話下さい。

月・火・木・金
昼12:30~夕16:30
※当日の午前中までのお電話にて予約可能です。

水曜日
8:00~10:00
※前日までのお電話にて予約可能です。