みなさまに心の安らぎをご提供できる「かかりつけ動物病院」を目指しています。茨木市のハリマウ動物病院

RSS

猫のアトピー

カテゴリ : 皮膚病



画像の猫ちゃんですが耳の内側が所々赤くなっています。

2年ほど前から診察させていただいていおりアレルギー性の皮膚炎と考えています。

当院へはお引越しのタイミングで初めて連れて来られました。

もとのかかりつけ医の先生のところで「細菌の感染を除外するために抗生剤のお薬で反応を見てみましょう。反応が悪かったら何らかのアレルギーも考えられます。」とのことで持続性の抗生剤の注射がなされていました。

当院へは注射後2週間目の来院だったのですが、症状が続いておりアレルギーの関与が考えられました。

猫ちゃんでアレルギー性の皮膚炎を疑った時には「原因はノミかな、食べ物かな、あるいはそれ以外の環境の要因(花粉など)かな」と大まかに3つにわけて考えていきます。

原因の追究は大切なのですが先ずは症状をおさえてあげなければいけませんので、アレルギーを強く抑える効果のあるステロイドというお薬を使用したところ直ぐに症状はなくなりました。

オーナー様のお話では「外出はせずフィラリア予防もおこなっている(同時にノミ予防も行えます)」とのことでノミが原因ではなさそうでした。

その後も再発を繰り返しましたので食べ物のアレルギーはないかを確かめるために除去食試験と呼ばれる試験を実施してみました。

理論上アレルギー反応を起こさないように開発されたフードのみを与えて症状が再発しないかを見る試験なのですが症状の再発をみました。



原因はノミでも食べ物でもなさそうなので「猫のアトピー」と診断しました。

「猫のアトピー」という言葉ですがアレルギー性の皮膚疾患でその原因がノミでも食べ物でもない時に使用しています。非ノミ非食物アレルギー性皮膚炎と呼ぶこともあります。

「それではどのような環境の要因が関与しているの?」となった時に血液を採取してIgE検査をと呼ばれる検査を実施すればわかることもあるのですが、100%原因が突き止められるわけではない事、費用がやや高額である事から実施を見送りました。

その後も症状の再発の度にステロイドの投与をおこなっていたのですがこの猫ちゃんの年齢を考えるとあと10年近くは寿命がありそうですので、長期間投与による弊害が心配となってきました。

ステロイドは免疫力を下げたり、糖尿病、心筋症など様々な病気を引き起こしたりする可能性があります。

そこでワンちゃんでは何年も前から使用されているオクラシチニブ(商品名アポキル)を今回使用してみました。



長期投与による弊害が全くないとは言えませんがステロイドに比べ少ないといわれています。

猫ちゃんは認可外となりますのでオーナー様の了解を得ての使用になります。

1週間使用したところ症状はなくなりました。





















2023-09-13 09:00:00

わん

カテゴリ : その他


保護猫クロちゃんが無事退院し妻の友人宅へ帰っていきましたと先々週のブログで話題にしました。

その友人宅には先住猫ハルちゃん、その息子の君ジヴァ君、シェルティのチヨちゃんがいます。

いずれもブログで話題にしたことがあります。ハルちゃんも保護猫で保護時おなかの中には既にジヴァ君がいました。

このジヴァ君ですが千代ちゃんによくついて回りいろいろ同じことをするとのことです。

チヨちゃんがレタスやキャベツを食べていると一緒になって食べたりするそうで、とうとう「わん」と鳴くようになったとのことで上の動画が送られてきました。

う~ん、確かに「わん」と鳴いていま・・すね。

レタス動画




2023-09-06 09:00:00

猫の変形性関節症の治療

カテゴリ : 運動器:関節や骨


8月2日のブログで左後ろ足をかばって歩く猫ちゃんの様子を動画で紹介しました。
(※都合により現在8月2日のブログの掲載を中止しております。)

レントゲン撮影でこの猫ちゃんにはかかとの関節近くに骨の変形が見つかりました。

それが痛みとなって足をかばっていたのでしょう。

治療としては変形した関節を元通りにすることは難しいので、おくすりの力で痛みの緩和をはかり生活の質の向上(痛みの少ない生活)を目指します。

今までは内服薬が治療の中心であり投薬の煩わしさや長期使用が問題となることもあったのですが、昨年末あたりから月1回投与すれば痛みの緩和がはかれる注射薬が利用できるようになりました。

病院への月1回の通院が必要ですが、猫ちゃんにとっても飼い主様にとっても毎回の内服薬の投薬はストレスになることもありますよね、注射薬はそういったストレスを軽減できます。

また長期投与も可能です。

猫ちゃんは痛みを隠します、以下のような症状が見られたら痛みを訴えているのかもしれません。





    ※OA 変形の関節症のことです。

画像のように足の爪が太くなっている場合も痛みを訴えている可能性があります。



足の関節が痛くて爪とぎができないのかもしれません。

毛がボサボサの猫ちゃんも痛みの為に体を曲げて毛づくろいすることができていないのかもしれません。



上で示したような内容に思い当たることがありましたら一度ご相談ください。

また診察中に偶然に変形性の関節症が見つかることもあります。

心臓の評価をしようとレントゲン撮影をおこなったらいっしょに写っていた肘の関節に変形が見つかりました。




わかりやすいように変形部をピンクのラインで示します。

2023-08-30 09:00:00

コンタクトレンズ

カテゴリ : 眼

            ※目薬治療開始1週間目

先週の続きです。

歯肉口内炎の治療開始後直ぐに痛みなくスームーズにフードを食べてくれるようになった事はよかったのですが、それからしばらくすると左目が涙であふれてきました。

少量の目ヤニも認め瞼の裏側も真っ赤に腫れていました。

結膜炎を疑い抗生剤の目薬の点眼を開始しました。

治療開始4日目、結膜炎であればそろそろ回復の兆しがみえてほしい時期ですが逆に目をつぶるようになってきました。

目をつぶるのは目の痛みを訴えています。

検査をすると目の表面の角膜という場所に傷ができていました。

このことからヘルペスウイルスの悪さが考えられました。

ヘルペスウィルスは猫ちゃんに風邪をひきおこすウイルスですが、一度このウイルスに感染すると生涯にわたってウイルスを保有します。

普段は目の近辺の神経に隠れていて、猫ちゃんがいろんなストレスを受けたときに目の表面に出てきて角膜を傷つけるなどの悪さをします。ストレスは体の抵抗力を下げます。

今回クロちゃんは保護されて慣れない環境に置かれたことがストレスになったのと、口内炎治療のためのステロイドの痛み止めもよくなかったのかもしれません。ステロイドは体の抵抗力を下げるからです。

この時点で感染が証明されたわけではありませんが、ヘルペスウイルス用の目薬を追加しました。

あわせて角膜に傷ができたときに使用する目薬も追加しました。

上の画像は目薬開始1週間目のものです。まだまだすっきりしません。目をつぶりぎみです。

再チェックしてみますとまだ傷があります。傷のある場所が緑色に染まる検査です。



そこで目の痛みの緩和と傷口の保護を目的にコンタクトレンズを使用しました。




青いドット模様が見えますよね、コンタクトレンズの表面に付けられている印です。

装着後は完全ではありませんが目のつぶり方がかなり解消されました、目の痛みがやわらいだようです。

1週間装着し外しました。外したコンタクトレンズです。



傷口はなおり目のつぶりも解消されていました。



コンタクトレンズ挿入の時にヘルパスウイルスの検査も行っていたのですが陽性の結果でした。







2023-08-23 09:00:00

猫の歯肉口内炎

カテゴリ : その他


7月5日のブログで紹介しました保護猫クロちゃん(妻の友人が保護しました)ですが、先日退院していきました。

健康チェックのため病院でお預かりし当初は経過観察を1週間くらいおこない帰す予定でした。

たた色々ありその期間が1か月半近くになってしまいました。

一つは食欲は示すのですがなんとなく食べ方がおかしく、途中で食べるのを休憩する事でした。

それで口を開けてなかを覗いて見たときの画像が上のものです。

本来薄いピンク色の「のど」の入り口が真っ赤に炎症をおこしています。

歯肉も炎症を起こしていました。



食べる時にフードが炎症部にあたり痛いので食べ方がゆっくりになっていたのでしょう。

歯肉口内炎と診断しました。

治療としてはさまざまな方法があり大きく分けて内科療法と外科療法にわかれます。

内科療法は抗炎症薬や抗生剤、インターフェロンというお薬で炎症を抑えていきます。

外科療法は炎症の刺激となってしまう歯を一部あるいは全部抜いてしまうという方法です。

抜歯の理由は歯はバイキンや汚れが付着し炎症刺激の温床となってしまうからです。

ただいきなり歯を抜くということはなかなかできず、まずは歯のおそうじ(歯石・歯垢除去)をしたり内科療法からということが多いです。

今回もステロイドと抗生剤、インターフェンαというお薬の投与から治療を開始しました。

治療開始直後から休憩することなくスムーズに食べるようになりました。

猫の歯肉口内炎にはエイズウィルス、白血病ウイルス、カリシウイルス、ヘルペスウイルスといったウイルスの関与が指摘されておりその中でもカリシウイルスが原因となっていることが多いようです。

これらのウイルス感染があると抵抗力を下げる作用のあるステロイドの投与は慎重にしなければなりませんがエイズウィルス、白血病ウイルス、カリシウイルスは検査を行ったのですが陰性でした。

下はカリシウイルスの検査結果です。結果は陰性でした。




内科療法で痛みを感じず食べだしてくれたことは良いことなのですが、ステロイドの使用はさまざまな弊害(クロちゃんにも現れました)もあることから現在は早期の段階からの外科療法の選択も視野に入れた方が良いようです。

妻の友人にも自宅に連れて帰りクロちゃんが新しい環境になれてきた頃を見計らって、歯科専門医を受診し外科適応かどうか判断を仰ぎましょうと伝えています。

クロちゃんに現れた弊害については次回お話します。





2023-08-16 09:00:00

前へ 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 次へ

猫のフィラリア症ムービー(リンク先に動画があります)
https://www.nekomamo.com/parasite/filaria/movie/

  1. 動物園勤務から病院へ
  2. プロフィール
  1. 週齢はどれくらい?
  2. まず行うこと
  1. ワクチン接種
  2. 寄生虫予防
  3. 避妊去勢
  4. デンタルケア
  5. 体重管理・食事管理
  6. 定期健診

詳しくはこちら
診療時間
▼月・火・木・金
早朝 6:00~8:30
午前 9:30~12:30
午後 16:30~19:30
▼土曜日
9:30~12:30
▼日曜日・祝日
午前 9:30~12:30
午後 16:30~19:30
休診日
水曜日
予約診療
昼12:30~夕16:30で要予約
※まずはお電話下さい
診療時間
▼月・火・木・金
早朝 6:00~8:30
午前 9:30~12:30
  予約診療※のみ
12:30~16:30
午後 16:30~19:30
※当日の午前中までのお電話にて予約可能
▼水曜日
予約診療※のみ
8:00~10:00
※前日までのお電話にて予約可能
▼土曜日
9:30~12:30
▼日曜日・祝日
午前 9:30~12:30
午後 16:30~19:30
予約診療
要予約。
まずはお電話下さい。

月・火・木・金
昼12:30~夕16:30
※当日の午前中までのお電話にて予約可能です。

水曜日
8:00~10:00
※前日までのお電話にて予約可能です。